基礎知識 


まず、これだけは知っておきたい!
酸素カプセルの基礎知識(1)~(6)


後でお伝えする酸素カプセル選びのポイントを理解しやすくするために、
知っておいていただきたいと思うことについて書きました。


(1) 酸素カプセルとは

高い気圧をかけたカプセルの中で高濃度酸素を吸入する装置です。
通常の空気(大気圧環境下)の酸素濃度は、20.9%、気圧は、1気圧です。
酸素カプセルでは、カプセル内の気圧および酸素濃度を大気圧よりも高めます。

これにより、血液中のヘモグロビンに結び付く酸素(結合型酸素)と
血液、リンパ液、骨髄液、脳神経液、関節液などの水分に
直接溶け込む酸素(溶解型酸素)の両方をふやすことができます。

あなたは答えられますか 
(2) 酸素カプセルに入る目的は? 

一番の目的は、血液中の溶解酸素を増やすということです。
また、血液をサラサラにし、血流を良くするという働きも起こります。

通常の空気ではヘモグロビンの約97~98%が既に酸素と結合(酸素飽和度)しており、
その後いくら酸素を吸入しても酸素飽和度は100%以上に増加しません。

しかし、「溶解酸素」といって血液中に直接溶け込んでいる酸素は、
通常、非常に微量ですが、酸素カプセルに入ることにより
この溶解型酸素を増やすことができるのです。 

そして、この溶解型酸素が非常に大きな働きをしてくれるのです。

溶解型酸素は、ヘモグロビンに結合しているより酸素小さいので
毛細血管の中もスイスイと通過することができます。

これにより、普段酸素の届きにくい末梢の細胞、
例えば心臓から遠いところ(手先、足先)、

そして毛細血管で覆われている組織の先(心臓だったら冠動脈の先)まで
酸素が送り届けれられることによって代謝が向上し、
身体機能の改善や健康体力の維持増進が期待できるのです。

世には種々の健康法が存在します。 
しかし、どんな健康法も血流をよくし酸素の供給をよくすることはできても
血液中の酸素量は増やすことができません。

この体内の酸素を増やすことができるのが、酸素カプセルの最大の利点であり、
私が、酸素カプセル健康法こそ頂点の健康法だ、と考える理由でもあります。

また、身体全体に均等に圧力がかかるため、
カプセルの中に一定時間滞在することで整体効果が生まれます。
これをレオロジー効果といいます。

これにより筋肉や骨格の歪みが矯正されます


(3) 高気圧酸素療法との違い
      
高気圧酸素療法は、50年以上の歴史がある有効性が確立された治療法です。

厚生労働省の基準では、2絶対気圧下で1時間以上100%酸素を
呼吸することを「高気圧酸素治療」としています。

国内では、大学病院をはじめ約1000カ所に治療装置が設置されており、
31の疾病に対して保険が適用されます。

酸素カプセルと原理は同じですが、酸素濃度、気圧が全く違います。


(4) 体内の「結合型酸素」と「溶解型酸素」の量ってどれくらいあるの? 

ヘモグロビンに関係なく直接血液に溶け込むという性質を持つ溶解型酸素ですが、
溶解型酸素は結合型酸素に比べ少量で、大気圧下(1気圧)では、

結合型酸素20.74 vol%  溶解型酸素0.31 vol% 
(vol%=mL/dL=血液1dL中にある酸素量mL)

とされています。

血液1dL=100ccですので、

溶解型酸素は、血液100cc中、0.31mL、
結合型酸素は、血液100cc中、20.74mL

含まれているということになります。
また、溶解型酸素は、結合型に比べて約1/70の量ということになります。


(5) カプセル内酸素濃度の基本的算出法  

空気加圧のメーカーのHPを見ていると、○○%まで酸素濃度を高めます、
という表現が出てきますね。

その数値を確認するために、この計算式を覚えておくと、便利かと思います。

酸素濃度  → 気圧 × 空気中の酸素濃度 

例)空気(酸素約21%)を1.3気圧まで加圧した場合、この時の酸素濃度は、
 
21% × 1,3 → 27,3%

となります。

注:理論上の数値です。また、経過時間によって誤差が出ます。
酸素濃縮機で濃縮酸素を送り込む場合は、計算が別になります。


(6) 酸素はどこから血液に入る?

ご存知の通り肺(=肺胞)です。

肺は、無数の肺胞が集まってできてい
ます。肺胞とは、肺の中にある小さな袋状の非常に薄い組織で、

この肺胞の薄い膜を通して酸素を血管に取り込み、
血液中の二酸化炭素を肺の中に放出しています。

皮膚からも入りますが、ごく少量にすぎません。
酸素カプセルの場合も、通常呼吸と同じく肺胞から入ります。

→次へ
この表現には要注意!
●勘違いする、わかりにくい、真実でないことをさも本当のことのように思わせる事例(1)~(4)

→前へ
運命的な酸素カプセルとの出会い
●何故、私は、酸素カプセルアドバイザーになったのか?

→目次へ
●目次